フォト

三枝成彰オフィシャルサイト

  • 三枝成彰OFFICIAL WEB SITE

著書リスト

  • 三枝成彰: 三枝成彰オペラに討ち入る
無料ブログはココログ

« 離島って最高! 利尻・礼文の旅 | トップページ | あきれた菅首相の辞意表明 »

2011年6月 4日 (土)

人体解剖マニュアル

「人体解剖マニュアル」という番組のDVDを見た。これがすごいものであった。

 タイトルを聞くとぎょっとするが、決してふざけたものではない。むしろ大まじめな科学番組なのである。

 ポーランド生まれの解剖学者、グンター・フォン・ハーゲンス博士が全面監修し、自身も出演しながら、人体の構造を解説し、各部位の機能についても詳しく説き明かしていく。いま出ている完全版のDVD-BOXでは、これに加えて老化やガン、人の死因についても言及している。もちろん画面には、人体が出てくる。人形ではなく、本物の人体標本だ。

 ハーゲンス博士は、医学の世界では、「プラスティネーション」のパイオニアとして有名な人だという。プラスティネーションとは、遺体保存のための技術である。ハーゲンス博士は遺体にプラスティックをしみ込ませることによって、遺体の長期保存を可能にしたのだそうだ。

 日本語版のDVDは、養老孟司、布施英利、茂木健一郎という、各界の一流の学者が監修して、パンフレットの解説も書いている。これも一読の価値ありだ。

 何より、本物の死体による解説であることに説得力がある。こわいものみたさでこのDVDを手にした人は、肩すかしをくらうかもしれない。それほどに堅い作りの番組である。身近にありながら、ほとんど何も知らない人体について勉強したい人には、ご覧になることをお勧めする。しかし、ショッキングであることは確かなので、できることなら、体調のよいときに。

http://amzn.to/kKmHes

« 離島って最高! 利尻・礼文の旅 | トップページ | あきれた菅首相の辞意表明 »

コメント

久しぶりのブログ訪問です。
残暑が続きますが頑張って下さい。

「作曲者はベートーベン並みの才能の持ち主」
「佐村河内守の天才は一代で終わりです。ここ70年間音楽大学の作曲科では、佐村河内守のような超高度なロマン派音楽の創り方など微塵も教わらないできている訳ですから、佐村河内守の後に続けと言われても、誰もああいう超高度な大作は書けないのです。佐村河内音大なるものが設立されるなら話は別ですが。悲しいですね。」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203371/40257802

この記事へのトラックバック一覧です: 人体解剖マニュアル:

« 離島って最高! 利尻・礼文の旅 | トップページ | あきれた菅首相の辞意表明 »

最近の写真