フォト

三枝成彰オフィシャルサイト

  • 三枝成彰OFFICIAL WEB SITE

著書リスト

  • 三枝成彰: 三枝成彰オペラに討ち入る
無料ブログはココログ

« 三枝成彰セレクション、2010年ポルノ | トップページ | 立ち呑み「種よし」 »

2011年1月 6日 (木)

RING「バイロイト」から「バレンシア」へ

「RING(オペラ「ニーベルングの指輪」)」と言えばバイロイト。

だが、それは過去の話?

Ring_4 バレンシア州立歌劇場で上演されたリング全3部作、いわゆる「バレンシア・リング」のDVDを観て、「21世紀、RINGの舞台は完全にバレンシアへ移った」と認識を新たにした。

その斬新さ、芸術性の高さ、素晴らしさに衝撃を受けたからだ。

『オペラDVDスペシャルコレクション 「 ニーベルングの指環 」リヒャルト・ヴァーグナー』 
出版社: 世界文化社   価格:¥ 19,950 

DVDの冒頭は、まずバレンシア州立歌劇場(ソフィア王妃芸術館)の紹介から始まる。

Cityarts_4流線形のフォルムを持つ近未来的な建造物が水の上に浮いている。

まるでSF映画に出てくる宇宙ステーションのようだ。


その内部は客席が4層にも及ぶ劇場空間。

オーケストラピットは、世界2番目の広さを誇るという。

Photo


目を見張るのは壮大な建物だけではない。

このオペラハウスの立ち上げに、
thunder世界の巨匠ロリン・マゼール、
thunder絶大な人気を誇る指揮者ズービン・メータ、
thunder世界的に著名なテノール歌手プラシド・ドミンゴといったビッグネームが尽力したという。

ロリンマゼールは、3年契約で初代音楽監督に就任。
バレンシア州立管弦楽団の楽団員は、オーディションにより世界中から一流のメンバーが集められ結成している。
そのメンバーを選んだのはほかでもないロリン・マゼール自身だ。

21世紀に、バレンシアというスペインの一都市が、これほどまでに経済的なパワーを持っていることを知り、驚いた。
そして世界的に経済優先の流れの中で、芸術にスポットを当て、ハード、ソフト両面で一流のオペラ・ハウスを出現させるとは!
恐るべしバレンシア!!

さて、「バレンシア・リング」の話に戻ろう。
指揮はズービン・メータ、
オーケストラはバレンシア州立管弦楽団、
そして演出がスペインの異才演劇集団「ラ・フラ・デルス・バウス」のカルルス・パドリッサ(バルセロナ・オリンピックの開会式の演出で世界的に有名になった)。

実は、25年位前だったと思うが、横浜の倉庫で「ラ・フラ・デルス・バウス」のダンス・パフォーマンスを観たことがある。
天井から綱を渡って登場したり、水を撒いたり…と、当時も相当衝撃を受けたと記憶している。

演奏の素晴らしさはもちろんだが、
カルルス・パドリッサによる最新テクノロジーを駆使した演出と、人間の肉体を駆使した演出が融合する舞台は、刺激的かつ異色、まるっきり新しいRINGの世界を見せてくれた。

舞台いっぱいに広がった巨大スクリーンに投影したダイナミックなCG映像。
レーザー光線が飛び交う舞台。
SF的な衣装、メカニカルな装置。
神々はクレーンに、巨人はロボットに乗り、舞台を自在に、巨大に動き回る。
一方、人間の肉体を天高くつなぎ合わせて城を表現するなど、肉体が舞台装置や大道具にも化していく様は度肝を抜かれる。
肉体を “無制限な表現媒体”として駆使する演出だ!
とにかくスゴイの一言に尽きる!!

全部で約14時間に及ぶが、めくるめく展開に終始引き込まれる。
オペラ好きでなくても、舞台に興味がある人なら、絶対楽しめる作品だ。

RING(の舞台、「バイロイト」から「バレンシア」へ。
イチ押しである!

« 三枝成彰セレクション、2010年ポルノ | トップページ | 立ち呑み「種よし」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

サーカスオペラ? 聴衆も過度の 刺激を求めるのでしょうか、僕はこじんまりした劇場で ゆったりと歌を楽しみたいですね!サラウンドで映画としてオペラを楽しむことが主流になるのでしょうか? 劇場で聴くオペラの質が低下しないことを願います。

こんにちは、いつも応援しています。
今日はご挨拶だけしにきました。

ブログの更新楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203371/38360265

この記事へのトラックバック一覧です: RING「バイロイト」から「バレンシア」へ:

« 三枝成彰セレクション、2010年ポルノ | トップページ | 立ち呑み「種よし」 »

最近の写真