フォト

三枝成彰オフィシャルサイト

  • 三枝成彰OFFICIAL WEB SITE

著書リスト

  • 三枝成彰: 三枝成彰オペラに討ち入る
無料ブログはココログ

« 幻の魚「エツ」の味 | トップページ | パレスチナで得たもの »

2009年7月12日 (日)

勇気をもらった「交響曲第一番」

広島ご出身の作曲家に、佐村河内守(さむらごうち・まもる)という人がいる。

 広島への原爆投下で被爆されたご両親のもと、1963年に生まれた彼は、幼いころにお母様から音楽の手ほどきを受けられたのを初めとして、作曲家を志すようになったという。

 しかし、成長するにしたがって、しばしば彼は原因不明の頭痛、耳鳴りや体調不良に見舞われる。そして、35歳になったころ、完全に聴覚を失ってしまわれた。

 そんな苦境にあっても、彼は音楽への情熱を失わず、幼いころからの鋭い感受性と天性のセンスをもとに、ほとばしる思いを胸に秘めて独学で勉強を続け、曲を書き続けた。

 私は知らなかったのだが、『鬼武者』というゲームの音楽などで、高い評価を受けてこられたようだ。

 そんな佐村河内さんが書き上げた「交響曲第一番」が、昨年、広島で行われたG8議長サミットを記念したコンサートで初演された。曲の構想は彼が17歳のころからあったという。およそ20年にわたって書き継がれた曲なのだ。

芥川作曲賞という作曲家のコンクールがある。今年、その選考員をおおせつかった私は、その候補作の一つだった「交響曲第一番」を選考委員会で聴いた。

それまで佐村河内さんのことをまったく存じ上げなかった私は、予備知識なしにこの作品を聴いたのだが、大きな衝撃を受けた。

まずは曲の素晴らしさに驚き、その後、彼のプロフィールを知ってさらに驚いた。

そして、ぜひこの作品を最終選考に残すように申し上げたのだが、そうなるには至らなかった。

曲のスタイルが新しいか古いかと言われれば、「交響曲第一番」は確かに古いスタイルにのっとって書かれた作品かもしれない。しかし、そんなことは作品の良し悪しとは関係のないことだ。

……と思うのだが、いわゆる“現代音楽”に携わっている人たちからすれば、確かによい曲だとわかってはいても、やはり評価は、よりコンセプチュアルで先鋭的な作品のほうへ傾いてしまうきらいがある。

しかし、選考に漏れたからといって、この作品の価値はいっこうに揺らぐものではない。それに私は、佐村河内さんが上述したようなバックボーンを持つ人だから「交響曲第一番」がよいと思ったわけではない。

純粋にいい曲だから惹かれたのである。それはこの曲を聴いたことのある人たちなら、わかっていただけるはずだ。

 初演のときはテレビなどでも取り上げられたようだし、その前年、彼は曲のタイトルどおりの『交響曲第一番』という自伝を出版されている(講談社刊)。これを読むと、彼のここまでの努力の積み重ねがよくわかる。

 この曲が次にいつ演奏されるかは知らないが、そのときにはぜひ駆けつけたいと思う。彼にはどこか、私がめざす音楽と共通するところを感じる。

「ロマンティシズムへの回帰」、そして「官能の海に溺れる音楽こそ、21世紀の新しき前衛」と提唱してきた私としては、彼のような人が同じ世界にいて下さることに、とても勇気づけられるのだ。

« 幻の魚「エツ」の味 | トップページ | パレスチナで得たもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

始めてカキコします!

いつも応援しています。
お仕事頑張って下さい。

佐村河内さんの番組が今夜3時半からフジテレビであります!
『いま、ヒロシマが聴こえる…~全聾作曲家・佐村河内守が紡ぐ闇からの音~』
フジテレビ    2009/8/7(金) 27:30 - 28:25

初めて、お邪魔します。
佐村河内さんの御本、是非、読んでみたいと思います。

これからも、応援しています。
頑張ってください!

はじめまして。
このブログで佐村河内さんのことをしり、
きょう佐村河内さんの交響曲を聞いてきました。
素晴らしい体験でした!!

ああいう曲が今後もプログラムに乗っていくことを望みます。

はじめまして。お邪魔します。

4/4の東京初演、私も行きました。
演奏前のプレトークで大友直人さんが
「三枝さんに『とにかく、僕はこの曲に感動したんだ』と言われて・・」とおっしゃってましたが、
まさしくその通りで自分もただただ感動しました。
心の深いところに届く音楽でした。
印象的だったのは、第一楽章のラスト。
原爆が落ちたことを象徴するような轟音と衝撃音の後、
沈黙? 静寂? を感じさせるような、
かすかな低音が暫く続くところで鳥肌が立ちました。
第三楽章のラストでは涙が出そうでした。。。
あの場にいられて本当によかったです。
佐村河内さんの音楽にようやく触れることができたのも
三枝さんのおかげだと思うのです。
これからもお仕事がんばってください!!

三枝成彰先生の血をひく真の天才の登場だと思います。佐村河内守さん、素晴らしい才能ですね!
三枝成彰先生の次回作オペラも楽しみに待っています。

「本当の作曲者」新垣隆氏さんにも同じことを言って、援護してあげてくださいね。
「曲」に感動したのなら。

絶賛してた人、今赤面中。

これは恥ずかしい

このブログ記事が消える2時間前!?

あーらら‥
類は友を‥のたぐい?

鬼武者でなく、影武者がいたということですねwww

三枝先生の耳が心配です

新垣さんがんばれ!

三枝先生のコメントを見にきたのですが
まだでしょうか?

いいものはいい!
ですよね?三枝先生

これで申し開きできなかったら三枝センセイも終わりだな

芥川作曲賞で最終選考に残らなかったのは、
ほかの先生方はそれがマーラーのパクリだとお気付きだったのでしょう。
三枝先生、もしもそれが新垣隆氏の作品だと知っていたなら、
同じ評価ができたでしょうか?
コメントお待ちしております。

マーラーの模倣だと、ほんとうに気がつかなかったのですか?
仮にそうならば音楽家としての能力に疑問を持たざるをえませんし、
分かってやっていたとすれば共犯ではないでしょうか。

三枝先生の一言もあるべきと思います! 製造業 特に飲食品製造(他も一杯あります)に携わる人は従業員の犯罪でも、トップが平身低頭の謝罪をTVで度々見ます。NHKは大越某アナの謝罪で終わる事に嫌悪します。三枝先生には落ち度はないと思う次第ですが、絶賛した事に対して一言の言葉があっても良いなかと!?

さすが
「違いの分かる男」w

見抜くね~~爆

あのくらいのオーケストレーションは、新垣さんが語っているように、まじめに作曲を勉強した人なら、誰でも書ける。ちょっと音をキラキラさせて、感傷的な部分を入れて…。これは、新垣さんが本当に書きたい音楽、彼自身の語法とはまったく別物でしょう。それに、多くの人がついていってしまった

しかし、(聴いた録音は)そんな域には全然達していない。スコア(総譜)を読める音楽の専門家ならば、譜面を見た時に、おかしい、と気づくはずです。あのような作品に、まことしやかにお墨付きを与えた(クラシック)音楽の専門家は、あまりにお粗末を言わざるをえません

さすが三木さんやで~
俺もそう思ってたんですよ^^
やっぱ天才には分かりあう物がありますね

あ、自分音楽やったことないです

まあ、あまりイジメるな。
間違いは誰にもある。

三枝も孫の代まで恥かいたんだからこのくらいにしてやれ。

けさは
「太宰治、芥川賞、佐藤春夫云々」のニュースで
賑わっているようですが、
下記の歌はいかがでしょうか?


審査への リトマス試験紙 異次元航路

 不正と出たのは 芥川作曲賞

このところ、パクリ問題で騒がしかったり
芥川賞を結果的に持ち上げる太宰手紙が発見されたりで、
人心をいたずらに振り回す情報が
飛び交っているが、それを鎮めたければ
ロクリアン正岡の「異次元航路」を
ユーチューブで鑑賞されるのが、いろいろな
意味で適切のではなかろうか? 
2015.9.8
「不可知の何様」を信奉するLM拝

ちっさ!
人間ちっさ!
服のデザインや質を褒める前に
タグに付いてたブランドを褒めてたわけだ。
おほほほ。面白いねぇ〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203371/30513417

この記事へのトラックバック一覧です: 勇気をもらった「交響曲第一番」:

» 佐村河内守さん [チルソククリニックは診療中]
昨夜、偶然『佐村河内守さん』という作曲家の方の特集番組を見ました。 彼は、広島出身の被爆二世で、幼い頃から母親からピアノを習い、「もう何も教えることはない」と言われた小学生のときから夢は作曲家。 しかし、高校生だったある日、路面電車の中で急激な頭痛に襲われ停留所のベンチで倒れこんでしまいます。 それからずっと毎日毎日頭痛に悩まされ、とうとう聴覚を10年前に完全に失ってしまいます。 聴覚を失くす前に依頼があったゲーム音楽の曲作り。 本当だともう作曲なんてできっこないです。でも彼は... [続きを読む]

« 幻の魚「エツ」の味 | トップページ | パレスチナで得たもの »

最近の写真