フォト

三枝成彰オフィシャルサイト

  • 三枝成彰OFFICIAL WEB SITE

著書リスト

  • 三枝成彰: 三枝成彰オペラに討ち入る
無料ブログはココログ

2011年6月 4日 (土)

あきれた菅首相の辞意表明

国会における内閣不信任決議案否決への流れと、菅首相の辞任表明をめぐる一連のニュースを見て、仰天した。

 一国の総理大臣ともあろう者が、いったん口にしたことをあたかもなかったかのように、態度を180度翻してもよいのだろうか。

 昨日の昼間、早いうちに辞任すると約束したはずの人が、その日のうちに「まだ総理を続ける」と言ったとか言わないとかいう噂が流れている。しかも彼は日本の政治の長である。その影響はどれほどのものになるのだろうか。

 このありさまを、世界はどうみるだろう。

 日本の子供たちはどうみるだろう。

 政治不信というレベルにとどまらず、“大人”に対する不信が子供の心のうちに広がっていくのではないだろうか。彼らにとって身近な“大人”はすなわち両親であり、近所のおじさんおばさんや学校の先生であると同時に、テレビやネットで目にする政治家でもあると思うからだ。

 私の周りに限っても、ある人は開いた口がふさがらないといい、ある人は怒りがおさまらないという。

 私も、怒り、あきれている。この感情をいったいどこに向けたらいいのか、わからない。ただわかっているのは、震災被害からの復興をめざさなければならず、他の問題も山積みになっているいま、国を動かす政治家が、そんなことに貴重な時間とエネルギーと税金を空費してもらっていては困るだということだけだ。

 こんな総理大臣にこれ以上居座っていてもらっては、困る。すぐにでも次の人に代わってもらいたい。たとえば船長の誤った舵取りによって傾いてしまった船があったとしよう。船長自身にその傾きを修正する気がまったくないとしたら、乗客を守るために、クルーは無理やりにでも彼を船長の椅子から引き離し、新たな船長を選んで指揮を引き継がせるのが道理であろう。いまの国会もそれと同じようなものではないか。

 にもかかわらず、多くのメディアは菅首相擁護論を発信しつづけている。なぜなのか?

 かつて大手マスコミの記者だった人から聞いたことがある。いつの政権のことかわからないが、政治記者は政府から厚い接待を日常的に受けているのだという。食事や酒をおごることなどあたりまえであり、さらに信じられないことに、男性記者に対しては女性の世話まですることがあるのだと。カネはいわゆる「官房機密費」から出ているのだそうだ。

 失礼を承知で書くが、ここまで堕ちた菅政権を擁護する記者やコメンテーターたちは、袖の下でもつかまされているのではなかろうか、とさえ思ってしまう。これが私の邪推にすぎないことを祈りたい。 

 とにかく、与党も野党も、国民にこれ以上、こんな醜態を見せないでほしい。考えはそれぞれであろうが、ここは一日でも早く、互いに協力して国会を軌道修正し、国の舵取りに尽くしてもらいたいと思う。

人体解剖マニュアル

「人体解剖マニュアル」という番組のDVDを見た。これがすごいものであった。

 タイトルを聞くとぎょっとするが、決してふざけたものではない。むしろ大まじめな科学番組なのである。

 ポーランド生まれの解剖学者、グンター・フォン・ハーゲンス博士が全面監修し、自身も出演しながら、人体の構造を解説し、各部位の機能についても詳しく説き明かしていく。いま出ている完全版のDVD-BOXでは、これに加えて老化やガン、人の死因についても言及している。もちろん画面には、人体が出てくる。人形ではなく、本物の人体標本だ。

 ハーゲンス博士は、医学の世界では、「プラスティネーション」のパイオニアとして有名な人だという。プラスティネーションとは、遺体保存のための技術である。ハーゲンス博士は遺体にプラスティックをしみ込ませることによって、遺体の長期保存を可能にしたのだそうだ。

 日本語版のDVDは、養老孟司、布施英利、茂木健一郎という、各界の一流の学者が監修して、パンフレットの解説も書いている。これも一読の価値ありだ。

 何より、本物の死体による解説であることに説得力がある。こわいものみたさでこのDVDを手にした人は、肩すかしをくらうかもしれない。それほどに堅い作りの番組である。身近にありながら、ほとんど何も知らない人体について勉強したい人には、ご覧になることをお勧めする。しかし、ショッキングであることは確かなので、できることなら、体調のよいときに。

http://amzn.to/kKmHes

2011年2月14日 (月)

離島って最高! 利尻・礼文の旅

近年、日本各地の離島を巡る旅に凝っている。
一度行ったらやめられなくなって、半年に1度は出かけている。

何が魅力かって、離島は“日本のガラパゴス”!

「え~っっ!うっそ~っっ!こんなのあり~」、
「なんでこんなところにあるの~?」、
「こんなの初めて~」がまだまだある。

日本全国総平均化の中、、離島には驚きと魅力がいっぱいだ。
思わぬところでお宝発見という楽しみもある。

そんな訳で、今年初の離島への旅は2月、厳寒の礼文→利尻へ。
2島で出会ったイチ押しを紹介しよう!

201124_2021_3

礼文島でのイチ押しは「双葉食堂」の「野菜炒め」

とにかくウマイ

どこにでもあるような田舎食堂だが、「こんなオイシイ野菜炒めは生まれて初めて」と断言する。
日本一ウマイ野菜炒めを食べたい人は、ぜひ礼文島へ。

利尻島でのイチ押しは北の果ての竜宮城。その名をラウンジ「ピアス」と言う(利尻で一番人気のナイトスポットだ)。

と言っても実際には行かなかった(というか行けなかった)。
行ってみたら、店は研修旅行中で休業(海外へ行っているらしかった)。

すすめてくれたのは、タクシーの運転手。
北の果て、それも小さな島のキャバクラって?
「場末の…」とまずは期待しないものだが、ところがドッコイ!

「ピアス」は北海道内から集まった選りすぐりの美しいお嬢さん達が集まった店

利尻に住んでいる男はみんな行っているという。
そして、ここから30組以上のカップルが誕生して島の男性に嫁いでいるというではないか!
婚活効率もすばらしく高く、島の活性化に貢献度大のお店である。

今回は泣く泣く入店ならずであったが、「ピアス」に行くために、もう一度利尻に向かわねばならないと思っている。

双葉食堂
住所:北海道礼文郡礼文町大字船泊村大備
電話:0163-87-2698

ラウンジ「ピアス」
住所:北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字栄町154
電話:0163-82-1477

2011年2月10日 (木)

立ち呑み「種よし」

先日、大阪のコンサートの打ち上げで行った立ち飲み居酒屋「種よし」は、まさに僕好みの「安い・汚い・面白い」店。

50円からの一品メニューが300種類以上。
狭い店内は身動きできないほどに人が溢れて、
まるでごった煮状態だ。

労働者から外国人まで知らない同士が酒を酌み交わし、世間話に盛り上がる。

これぞ恐るべし、大阪パワー!
ハイで明るい大阪を今回も目いっぱい、腹いっぱい楽しんだ。

2011年1月 6日 (木)

RING「バイロイト」から「バレンシア」へ

「RING(オペラ「ニーベルングの指輪」)」と言えばバイロイト。

だが、それは過去の話?

Ring_4 バレンシア州立歌劇場で上演されたリング全3部作、いわゆる「バレンシア・リング」のDVDを観て、「21世紀、RINGの舞台は完全にバレンシアへ移った」と認識を新たにした。

その斬新さ、芸術性の高さ、素晴らしさに衝撃を受けたからだ。

『オペラDVDスペシャルコレクション 「 ニーベルングの指環 」リヒャルト・ヴァーグナー』 
出版社: 世界文化社   価格:¥ 19,950 

DVDの冒頭は、まずバレンシア州立歌劇場(ソフィア王妃芸術館)の紹介から始まる。

Cityarts_4流線形のフォルムを持つ近未来的な建造物が水の上に浮いている。

まるでSF映画に出てくる宇宙ステーションのようだ。


その内部は客席が4層にも及ぶ劇場空間。

オーケストラピットは、世界2番目の広さを誇るという。

Photo


目を見張るのは壮大な建物だけではない。

このオペラハウスの立ち上げに、
世界の巨匠ロリン・マゼール、
絶大な人気を誇る指揮者ズービン・メータ、
世界的に著名なテノール歌手プラシド・ドミンゴといったビッグネームが尽力したという。

ロリンマゼールは、3年契約で初代音楽監督に就任。
バレンシア州立管弦楽団の楽団員は、オーディションにより世界中から一流のメンバーが集められ結成している。
そのメンバーを選んだのはほかでもないロリン・マゼール自身だ。

21世紀に、バレンシアというスペインの一都市が、これほどまでに経済的なパワーを持っていることを知り、驚いた。
そして世界的に経済優先の流れの中で、芸術にスポットを当て、ハード、ソフト両面で一流のオペラ・ハウスを出現させるとは!
恐るべしバレンシア!!

さて、「バレンシア・リング」の話に戻ろう。
指揮はズービン・メータ、
オーケストラはバレンシア州立管弦楽団、
そして演出がスペインの異才演劇集団「ラ・フラ・デルス・バウス」のカルルス・パドリッサ(バルセロナ・オリンピックの開会式の演出で世界的に有名になった)。

実は、25年位前だったと思うが、横浜の倉庫で「ラ・フラ・デルス・バウス」のダンス・パフォーマンスを観たことがある。
天井から綱を渡って登場したり、水を撒いたり…と、当時も相当衝撃を受けたと記憶している。

演奏の素晴らしさはもちろんだが、
カルルス・パドリッサによる最新テクノロジーを駆使した演出と、人間の肉体を駆使した演出が融合する舞台は、刺激的かつ異色、まるっきり新しいRINGの世界を見せてくれた。

舞台いっぱいに広がった巨大スクリーンに投影したダイナミックなCG映像。
レーザー光線が飛び交う舞台。
SF的な衣装、メカニカルな装置。
神々はクレーンに、巨人はロボットに乗り、舞台を自在に、巨大に動き回る。
一方、人間の肉体を天高くつなぎ合わせて城を表現するなど、肉体が舞台装置や大道具にも化していく様は度肝を抜かれる。
肉体を “無制限な表現媒体”として駆使する演出だ!
とにかくスゴイの一言に尽きる!!

全部で約14時間に及ぶが、めくるめく展開に終始引き込まれる。
オペラ好きでなくても、舞台に興味がある人なら、絶対楽しめる作品だ。

RING(の舞台、「バイロイト」から「バレンシア」へ。
イチ押しである!

2010年12月24日 (金)

三枝成彰セレクション、2010年ポルノ

最近読んだポルノ小説の中でイチ押しが、草凪 優の作品。

草凪 優は、官能文庫大賞2010の大賞、金賞をW受賞した実力派。
2005年『桃色リクルートガール』に続く2度目の大賞受賞になる。

今年、大賞を受賞したのは『どうしようもない恋の唄』(祥伝社文庫)。
小説として面白く読める!
ポルノ小説を読んだことのない方もぜひ!

Photo

金賞は『おいしい人妻』(竹書房ラブロマン文庫)。

   Photo_3


現在、読書中の『アラフォー妻 夜の顔』(二見文庫)もおすすめだ。 

   Photo_6

一方、大人のポルノ小説とは対照的な「乙女系小説レーベル」もオモシロイ。
はまっている。
いわゆる、女子向けポルノ。

男のためのポルノなら五万とあったが、今や女子に支持されているのはさわやかストーリーではなく、H描写を積極的に取り入れたティアラ文庫のような小説だ。

ティアラ文庫は、月3冊のペースで乙女系小説を出し続けている。
投稿原稿も募集していて、ここから新しい作家も続々誕生している。

丸木文華の「たった二人で世界を裏切る 犬のような彼」(ティアラ文庫)は、最近読んだ中で面白かったので、おすすめする。

Photo_4

そして、映像分野で一押しのポルノが「女優 つぐみ」。

    Photo_5

第9回日本映画プロフェッショナル大賞新人奨励賞、第21回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第14回高崎映画祭最優秀新人賞などの映画賞を受賞した実力派の映画女優「つぐみ」が、AVデビューした作品。

つまり素人が主役の作品なのだ。

60歳を超えた男なら皆そうだと思うが、日本の古き良き女性像を感じる作品。

あからさまな性表現がエスカレートするばかりのAVが目白押しの中で、恥じらいと奥ゆかしさの中で感じる女性の描写が秀逸。
昔の映画を見たような感激を覚える。
イチ押しです。

2010年12月21日 (火)

REQUIEM GIAPPONESE 六本木男声合唱団倶楽部 イタリア公演

私が団長を務める「六本木男声合唱団倶楽部」のイタリア公演について、
遅ればせながら報告します。

11月25日(木)はミラノ大聖堂、Duomoにて
「レクイエム~曾野綾子のリブレットによる」(三枝成彰作曲  曾野綾子作詞)を、

11月26日(金)はヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂のミサで
「三枝成彰のミサ曲 曽野綾子のリブレット」(三枝成彰作曲  曾野綾子作詞)を
演奏いたしました。

いずれ も、指揮/大友直人、ソプラノ/中丸三千繪、テノール/樋口達哉、
合唱/六本木男声合唱団倶楽部の出演。

ミラノの街中でコンサートを告知するポスターを発見!
記念にパチリッ。

20101121

イタリア在住のReikoMilanoItalia さんが、You Tubeとブログで
ミラノ大聖堂でのコンサートの映像を紹介してくれています。

ぜひ、ご覧ください!

http://www.youtube.com/watch?v=r6eIMD1uvN8

http://wahei.blog-niigata.net/a_tavola/2010/11/

2010年11月30日 (火)

塀のない刑務所

安部 譲二の『塀の中の懲りない面々』がベストセラーになってから24年前が過ぎた。
今や、刑務所に塀のない時代である。(フェンスはある)

先日、「島根あさひ社会復帰促進センター」を訪ねた。
実態は刑務所だが、「社会復帰促進センター」という名称だ。
ここで「トヨタコミュニティコンサート イン あさひ~山陰フィルふれあいコンサート」が開催され、その司会を務めてきた。

「刑務所」と聞いてどのような連想をされるだろうか?
劣悪な環境下で厳しく監視され、過酷な重労働を強いられ、身心をすり減らしながら自らの犯した罪を受け止め償う所。
監獄をイメージする人も少なくはないだろう。

ところが行ってびっくり、見てびっくり。
その最先端ぶりに驚いた。

「あさひ刑務所」は国と民間企業が共同で運営しているが、山裾の広大な自然の中に突如として現れる、明るく清潔で近代的な建物群である。

建物がきれいなことはもちろん、受刑者一人ひとりにベッドとデスクとテレビが与えられている。窓には鉄格子はなく、明るい日差しが差し込み、眺望も良い。

衣類も囚人服とは思えない、明るい色味のスポーツウエア(?)が支給されている。

食事は、地元の新鮮で安全な食材を利用したメニューで、超健康食だ。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく管理して提供される。
ただ、従来の刑務所と変わらないのはいわゆる「臭い飯」。
米7麦3の飯。
(今や米あまりの時代だから、かえって経費がかかっているかもしれないが…。)

他にもコンサートや講演会も開かれる体育館、整備された運動場、快適で清潔な大浴場をはじめ、複数の診療科目を受診でき、人工透析までも受けられる充実した医療設備を誇る。
重病を患っても安心だ。

受刑者により良い生き方を促すために、動物セラピーや植物セラピーのプログラムも充実している。

社会復帰のための職業訓練では、パソコン技能の習得や、デジタル映像編集などの技能を磨いたり、センター内のパン工場で働いたり、理容師の資格が取得できる理容学校、重機オペレーターの取得コースなど充実した教育が受けられる。

もう一つ、従来の刑務所と変わらないことがある。
ヘアスタイルが坊主頭ということだ。

ここにいる受刑者は1750人。
一人当たりにかかる年間の費用は300万円という…驚きだ。
10年いたら3000万円。
30年いたら9000万円かかる。
国も大変だなぁと思った。

一方、地元の人を中心に採用し、この施設のお陰で地域振興に大きく貢献している。
スタッフは1500人を雇用しているのだ。
人口も増え、廃校寸前だった学校は息を吹き返したという。

今どきの刑務所にタマゲタという話である。

2010年11月17日 (水)

駅ホームに名店あり! 立ち食いきしめん「住よし」

岐阜県高山へ向かう道中、名古屋駅の在来線ホームで食べた「立ち食いそば」ならぬ「立ち食いきしめん」のうまいことなんのって。

駅のホームの立ち食いで感激するなんて自分でもビックリだったが、聞けばこの店のきしめんは「名古屋で一番美味しい」と言われているらしい。

食べたのは「かき揚げきしめん」!

注文してから、ジュージューパチパチ揚てくれるのが嬉しい。

鰹節が良く効いた出汁に、ツルツルとした巾広の麺はホッとする優しい味。

そこに具材がぎっしり詰まったアツアツのかき揚げがドカーンとのって登場する。

揚げたてだからサックサク感がたまらなく美味しい。
そして徐々に出汁と具が絡んでくると、また別の味わいが口いっぱいに広がってくる。

ホームに漂うかぐわしい匂いに誘われて入った店だったが大当たり!
見渡せば全部のホームに同じきしめん屋があるではないか!
その中でも何番ホームがうまいとか、あるらしい。
ちなみに私が食べたのは3-4番ホームの「住よし」であった。

2010年10月 6日 (水)

「同期の桜」

オペラ「特攻隊」の作曲準備が進んでいる。
2013年に世界初演を迎える運びだ。
太平洋戦争にまつわる膨大な資料を読み込む中で、やはり気にかかるのは音楽に関するエピソード。

今回は、軍歌にまつわるイチ押しのエピソードをご紹介しよう。

貴様と俺とは同期の桜~」。

『同期の桜』は多くの日本人が知っている軍歌だ。
最近はどうか知らないが、戦後も宴会やコンパなどでよく歌われてきた。
たとえ聴いたことがなくても、このサビを一度聴けば耳に残る。

歌詞はこうだ。

1. 貴様と俺とは同期の桜、同じ兵学校の庭に咲く、
  咲いた花なら散るのは覚悟、見事散りましょ国のため

2. 貴様と俺とは同期の桜、同じ兵学校の庭に咲く、
  血肉分けたる仲ではないが、何故か気がおうて別れられぬ

3. 貴様と俺とは同期の桜、別れ別れに散ろうとも、
  花の都の靖国神社、花の梢に咲いて逢おう 

これを「君と僕とは二輪のさくら~」と歌ったらどうだろう?
実は、今日歌われている「同期の桜」は替え歌ある。
原歌詞は西条八十の作詞『二輪の櫻』である。

1. 君と僕とは二輪のさくら、積んだ土嚢の陰に咲く、
  どうせ花なら散らなきゃならぬ、見事散りましょ、皇国(くに)のため。

2. 君と僕とは二輪のさくら、おなじ部隊の枝に咲く、
  もとは兄でも弟(おとと)でもないが、なぜか気が合うて忘られぬ。

3. 君と僕とは二輪のさくら、共に皇国(みくに)のために咲く、
  昼は並んで、夜は抱き合うて、弾丸(たま)の衾(ふすま)で結ぶ夢。

4. 君と僕とは二輪のさくら、別れ別れに散らうとも、
  花の都の靖国神社、春の梢で咲いて会ふ。

この西条八十の詞を、後に回天の第一期搭乗員となる帖佐裕海軍大尉が海軍兵学校在学中に、替え歌にして歌ったところ特攻隊員が好んで歌い、その後多くの人に好んで歌われるようになったという。

この曲が名曲たる所以は、ベースに優れた西条八十の歌詞、軍歌とは思えない哀愁を帯びた大村能章の曲があったからこそだ。
しかし、人々の共感を呼び、こんなにも長く愛される歌となって受け継がれてきたのは、明日の命を知る若者の、死んだ後にも変わらぬ友への思い。祖国の為に一つしかない命を散らす覚悟をした若者の純粋な願いが歌詞に込められたからこそだと思う。

«胸しびれる、驚きの空間「シカゴレジメンタルス」

最近の写真